FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとお知らせ

arigato.jpg

まもなくDLできるようになりそうです。
私も念のためにデータを送っていただきましたがボリューム多くってびっくりした!
単行本10冊分以上だものなあ。。。

お楽しみいただければ幸いです。

海明寺と私にたくさんのいろいろなものをくれた方たちに

改めてお礼申し上げます。

Jコミさん 赤松健先生
ひょっとしたら誤解なさっている方がいらっしゃるかもしれませんが今回のファンディングは私からもちかけたものではなく、経緯にあるように完全に赤松先生のアイデアからうまれ、Jコミさんでシステムを作っていただき実現したものです。Jコミさんの知名度、赤松先生のブログの波及力がなければこのように多くの方のお力添えをいただけませんでした。海明寺の病状を告知するかに関しても「必ず本人に公表してもいいか確認してほしい」とおっしゃっていただき(私としても本人が嫌がっているのに半身不随になっていることを公表するつもりはありませんでしたが)作家本人とその後のことをよく考えていただけて大変感謝しております。
経緯をブログにしていただいた際には私のメールの引用部分にもかなり気を使っていただいて綿密に確認を取っていただきました。私のメールがあほっぽいのは仕様です、とほほw

内田美奈子先生
合作原稿を無償で快くご提供いただきました。
すでにJコミファンディングに参加されて効果を知ってくださっている内田先生だからこそまず「無償で提供」というお話をいただけたので、これがほかの方だったら実現していなかったことと思います。レアな原稿がラインナップに入って本当に素敵なセットになったと思います。ありがとうございました。

笹本祐一先生
「エリアルファイト」の配布許可を快く無償でいただきました。
笹本先生もJコミに参加なさっていてJコミだったらということでご提供いただけたのだと思います。本当にありがとうございます。

園田健一先生
海明寺が倒れた際にまず報告した方の一人。とにかく心配くださって真っ先にお見舞いに駆けつけてくれました。そして大勢の人に電話などで伝えてくださいました。(西野司さんもご一緒にいらしていただきました)リハビリ病院に入る前で大層具合が悪くてたぶんショックを受けて帰られたのではないかな。。。リハビリ病院にも来てくださって、ご実家のイメージキャラクターの紙袋とメシハナ刑事をごっそり持ってきてくれました。ありがとうございます。

高橋政輝さん
私のパソコンの先生。今回の海明寺のファンディングのための情報発信と、画像(マンガふくむ)の公開と、将来的にはDL販売としたいんだけど、どうしたらいいのかなー(私のスキルで)というあったまわるい相談をちゃっちゃとかなえてくれて本当に助かりました。ありがとうございました。

ともちゃん、こと森島明子先生
アシスタント時代のお話の公開を快く許してくれました。ありがとう。いつかまたお会いしたいなあ。。。。

ツイートブログなどでFANディングを拡散してくださった方々
ファンディング当日はリツイートしてくれたひとには全部お礼言って回る!って結構がんばったんですがとっても追いきれなくなっちゃってお礼が言えた方とそうでない方とになってしまいました。。。申し訳ありませんでした。

FANディングにご参加くださった方
本当にありがとうございます。コメントでずばりペンネームを出してくださっている方も暗号で知らせてくださる方も、たぶん概ねわかったと思います。。。。
海明寺の学生時代のお友達。ルナティックルナからのFANだとおっしゃってくださった方々。例のゲームコミックの話を熱く語ってくださる人たち。そしてコミックフラミンゴを愛してくださっていたアダルトな面々。ニフティサーブ時代のユーザー仲間。今回の件で海明寺を知ってくださった方。FANディングに参加くださらなくてもJコミさんのサイトでマンガを読んでくださった方にも感謝です。私のことを心配くださった方もたくさんで。。。
何度も繰り返しになりますが感謝の言葉もありません。ありがとうございます。

リハビリはこれからが勝負で長く長くかかる険しく遠い道だと思います。
それでもたくさんの人に見守られていることを忘れずに、一歩づつ歩んでいけたらと思います。

最後にもう一度。本当にありがとうございました!

いよいよ残り一日なんですね

直筆

先日UPした手持ちの直筆画像がなんだかよく見えないという話もいただいちゃたのでスキャンしてみました。
以前と字は変わっていなくって、お見舞いにきたお友達に「正直小杉さんのほうが字が下手」っていわれたくらい。。。。

サイン横は自画像ですがきゅうりみたいですねw

自営していたお店の閉店作業でばたばたし始めてあんまりツイートとかできなくなってきちゃってましたがなんだかどんどん金額が多くなってきて。はわはわあわてるばかりです。

奇跡のような気持ちにずっと包まれていた一ヶ月。

これからきっと二人で小さくても何とか暮らしていかなくちゃ。海明寺が立てないんだったら私が支えてなきゃ、としかかんがえられなかった倒れてからの2ヶ月(5月頭に倒れてファンディングが始まったのがほぼ2ヵ月後の6月末でしたもので)と比べて本当にたくさんのひとに「海明寺」のことを考えてもらって本当にありがたかったです。

(あ、無論2ヶ月の間にもにもたくさんの方に助けていただいて暮らしていました。実家の母はもちろん、特にお店の方面では八王子市内のお花屋さん仲間、ボランティアでアルバイトに来てくれた元生徒さん、自宅を鬼の勢いできれいにしてくれた元生徒さんのお母さん(おいそれなんだか違わないか・・・・)などによってちやほやされて暮らしていましたが)

いよいよファンディングも終了です。おしゃべりな広告塔もそろそろその役目を終えます。

何度か書かせていただいていますがこのブログはファンディングになるべく興味を持ってもらえるよう、購入してくださった方がちょっとでもさらに楽しめるよう、いろいろな方面の海明寺のいろいろな作品を置いていったつもりです。
本人が元気だったら絶対に出てこなさそうなものとかおかせてもらってました(30年も前の書きかけ原稿とか)
夢のような一月のすばらしい記念としてこの場に留め置かせていただきます。

今後の更新は若干のんびりになりますがリハビリの状況の報告および即売会などへの参加、新作発表の告知(はやくやりたいなぁ。。。)など情報は随時更新していきますのでリハビリと同様、長い目で見てたまに覗いてやってください。

本当にありがとうございました。

小杉あや(海明寺裕の妻として。海明寺の一FANとして。)

「volunteerBreeding~飼育奉仕」とK9ハンドブック

いよいよ残り7日となりました。本日もJコミさまのFANディングご注目いただけましたら幸いです。

正直私はアシスタントができるほど上手じゃなかったよなーと今から思うととても恥ずかしいのですが、
海明寺はわりと私の仕事振りを気に入ってくれて置いてくれていたように。。。思いたいです。

volunteerBreedingの頃は良く衣装?のデザインをしていました。k_2.jpg k_1.jpg

絵の中のしっぽをまったく同じに立体にして(ワイヤーが入ったファーの尻尾と髪ゴムつきのお花のモチーフ)
コミケでいくつか販売したこともあります。アナル尻尾にするための説明書つきw
(自前で大人のおもちゃを買っていただきスキンつけてフェイクファーの尻尾を突っ込みお花モチーフのゴムでスキンの入り口を縛るという方法)
・・・・ずばり大人のおもちゃじゃん!売って大丈夫だったんだろうか。でもまあ普通に考えたら「ぬいぐるみの一部」なんで取り締まれないかな・・・w
そうそう、へーぜんと売っていたら完売しましたが、使ってくださったんでしょうか。

k_5.jpg
同じノートにK9ハンドブックのアイデアも出てきました。
 
「募金箱おいてその中に代金入れてもらおうか」とか
「ピンバッチつけて賛同者とわかるようにしよう」とか(結局予算が折り合わず没に。。。)
「盲導犬のパンフも一緒に置いてパンフレット置き場みたいにしよう」とか
「全ページパンフレットみたいなコート紙にしよう」とか
いろいろ企画しましたが、まあ普通の本になりました。

物事を立体的なうそにしていくのは好きなので楽しい本つくりでした。
冊数は多分300くらいでしょうか?家にちょっと残っていますw

ちなみにコミケの打ち上げで泥酔した海明寺が原稿をそのまま網棚に忘れ、紛失してしまいましたので再販はできません。(なのでgirlHuntの後半に掲載されているK9通信は書き下ろしとなってしまったのでした。。。)
原稿なくしたって聞いてさすがにとほほってかんじでした。。。

この頃K9マークはんこや黄色いクリアファイルも作ったので記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。
懐かしい思い出です。

御礼

本日久しぶりに銀行口座を確認しましたら、

FANディングの先月末分までの金額(940,642円)が入金されていました。
本当にありがとうございます。

リハビリ用に大切に使わせていただきます。
本当に本当にありがとうございました!

FANディングものこり10日ですね。

海明寺自身も日々元気になってきて「表情が出てきたね」と病院でいわれています。
車椅子の操作も上達して結構早く動きます。

来月には外出許可が取れそうで念願のお買い物にいけそうです。

またいろいろ報告させていただきますね。
カウンター
プロフィール

小杉あや

Author:小杉あや
80年代半ばに(エロ)マンガ業界の片隅に入り、タニシのように生息。

思い出したようにまんがのことを語ったり、お花をいけたり(正業は花屋)しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。