FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院2日目 緊急手術

11時からの院長の見立て前にほぼ朝一で病院に呼ばれる。だったら泊まっていてもよかった。

先生が倒れていたマンションに一人でいたって何もできなかったんだから。

あわくって連絡してしまったために母も来てくれる事になった。越谷からだから到着は11時くらいだ。

挨拶もそこそこに始めて会う院長先生のお話を聞く。

前夜見せてもらった頭の中の出血MRI写真をみながらのお話。
「出血は止まっています。しかし、昨日搬送時には意識がありましたが今は昏睡状態です。このまま手術をなさらなければお亡くなりになられます」

たぶんどーっと泣いてしまったようで、落ち着くまで看護婦さんが付き添ってくれていた。

「手術なさいますね?」と言う答えにやっとうなずき、部位としてはわるくないから手術はむつかしくない、成功するだろう。ただ麻痺は残ると思う。と昨日された説明を改めてされて、待合室で待つことになった。

いって帰っても含んで大体4時間程度の手術とのこと。
手術前にはあわせてくれると言うので待っていたのに、目の前通り過ぎてがらがらーっといってしまった。ひーどーいー。

でもせんせいは完全に眠っていて酸素をあてがわれていた。昨日はうつらうつらだけど今日は完全に寝ていて。。。いつもと何も変わらないようだった。

手術室にはいってしばらくして母が来た。
いろいろあわくって、いろいろ話してしまう。いつも黙っていたこと。今後のせんせいのこと。
麻痺が残ったらリハビリで辛抱強く対応しなければならないこと。

そして私が今楽しんでやっている空間は介護しながら続けられるほど甘いものではないこと。
親の前で泣いたことなかったけれど我を忘れて泣いてしまって。申し訳なかった。
でもこの日はしょうがなかったのかもしれない。

説明だけで入院になるかもしれないと言うことで午前だけしめる予定だった店は一日休業となった。告知を店にすることができなかったので、母が看板を立てて来いという。
お言葉に甘えてちょっと店に行く。

店に行くとやはり立て込んでしまってなかなか病院に戻れない。。。。
病院最寄り駅に着いたときに手術から戻ってきたとメールが入った。
院長先生の説明は母が聞いてくれた。ありがたい。

きれいに血はとることができ、成功ですとのこと。

手術跡は針で止められていて化膿具合を見るために透明テープで止めている。痛々しいけれどこれでよくなるんだ。

全身麻酔のあとなので行った時と同様ねているけれど。きっとこれからよくなるんだ。そう信じたい。

相変わらずICUは付き添いができないので。母と二人でお話をして。解散した。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

comment

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール

小杉あや

Author:小杉あや
80年代半ばに(エロ)マンガ業界の片隅に入り、タニシのように生息。

思い出したようにまんがのことを語ったり、お花をいけたり(正業は花屋)しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。