FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年たちました。

去年の今日は「意識が戻った!」とまだ管が付いたままのかいめーの横でぎゃんぎゃんないていて笑われたりしてましたっけ。
一年たちました。

コミティアに参加するために本人はショートステイでお泊りしていた一年目の日。
「死んじゃったのなら命日だけど倒れた日には名前がないね」といったら「卒中記念日でいいんじゃない?」とかいめーはいう。記念日かー。。。。

道しるべを記念というならそれもそれ。
可能なら出会いたくなかったことも事実なのだから受け入れたいですね。

あれから一年。かいめーはずいぶん上手に立てるようになれました。

GWは水曜日のリハビリがお休みで、退屈そうだったのでえいやと時間作って(これがまたぎりぎりだったんだ。。。花組む仕事来てたら到底無理だったんだけど)東京駅に程近い丸善日本橋店の関修一展にうかがえました。

はじめ席についておられる明朗快活そうな方がご本人とは思わず、もそもそと絵を見る二人組。画集を購入してサインを頼めることになり「せっかくだからお話しなよ」と施すもふるふると首を振るかいめー。
逆に「どのキャラがお好きですか?」などとたずねられてしまったり。ペリーヌの裏話もお聞きできたりで素敵な時間を過ごしました。私は「シンドバットの冒険が大好きだったのです」といらぬ告白をして帰ってきました。

JR終点から終点までコースで電車は乗れば乗り換えナシなので圧倒的に楽でした。かいめー楽しそうだったのでまた連れて行ってあげたいな。帰りは牛タン食べたかったけれど行列であきらめる。。。。お高めのハヤシライスを食べましたよ♪

いろいろあるけれどのんびりといこうとおもいます。ありがとうございます。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
プロフィール

小杉あや

Author:小杉あや
80年代半ばに(エロ)マンガ業界の片隅に入り、タニシのように生息。

思い出したようにまんがのことを語ったり、お花をいけたり(正業は花屋)しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。